建築設備定期検査の必要性と内容

建築設備定期検査の重要性と中身について説明します

建築設備定期検査の重要度の高さと主な内容

検査を実施しなければならない理由

レストランやオフィス、クリニックやホテルといった不特定多数が出入りする建築物を所持する人は、一定サイクルで建築物並びに設備の検査を受けることが求められます。あらためていうまでもなく、建物の劣悪化や設備不備によって災害を前もって防げないと大惨事が生じかねません。その為に、建築設備定期検査を行う必要があります。

換気設備については、主として火を活用する建物が検査対象になります。換気状況のチェックや換気扇の異常性がないかを検証します。一定サイクルで清掃をして小奇麗にキープしておけば問題はないでしょう。 次に、排煙設備についてですが、大規模建物であれば大半が対象になります。設置が適正であるか否かや、正しく動くかどうかを確かめます。排煙設備が作動しないと、火災が生じたときに煙が外に出ないので致命的です。しっかりと作用するように妨げになる物をそばに置かないように気を付ける必要があります。 さらに非常用の照明装置についてですが、災害の時にスピーディーに避難が出来ることから、検査は絶対必要です。予備電源も合わせて点灯するかのチェックや照度の計測が施されます。行政庁によりましては給水に関する設備と排水に関する設備の検査もありますので、所持する建物は検査の必要性が有るかどうか確かめることが重要です。ほかにも、昇降機も建築設備定期検査をすることが求められます。

安全のため法律で規定されています

定期報告制度が取り決められていて、建物を所持、管理している人は維持管理報告義務があります。定期報告は、特定建築物そして、建築設備、さらに防火設備などがあります。建築設備の定期検査の対象の設備は機械換気設備それから、機械排煙設備そして、非常用照明装置になります。目視検査のみならず、現実に利用してみてどうであるかも検査することになります。こうした設備は通常あまり使わないものばかりです。しかしながら、火災といった非常事態時にこういった設備がきちんと作動しないと命にかかわります。 一つの例として、マンションにおいて火災があって煙により数多くの命が奪われた場合、排煙機能がきちんと動作していればトラブルは防げたかもしれません。かりに夜の時間帯であれば、非常用照明装置が動いていればセーフティーにかつ円滑に避難できていたかもしれません。以上のように、建築設備定期検査については命を保護するために重要な機能を果たすといえます。建築設備定期検査に関しては国の法律でも規定されていることなので、建築物を所有管理している人は責任を持つことが重要になります。

人気記事ランキング