建築設備定期検査の内容と対象

建築設備定期検査の中身と対象物について説明します

建築設備定期検査の全容並びに検査の対象

一年ごとに義務化されている検査です

建築設備定期検査と聞いても、一般人はさほど聞きなれない用語ですから何のことか見当が付かないという人も多いと言っても過言ではありません。建築設備定期検査と言いますのは、建築物を一定サイクルで検査し、不備からくるアクシデントを前もって防ぐというものになります。これに関しては、建築基準法に従って行なわれているもので、対象建築物を運営管理している人は、こちらの定期検査を1年ごとに行い、都道府県へと届け出る必要があります。

専門家への委託及び対象に関して

運営管理しているとは言うものの、設備を保持しているだけで検査を実施する広い範囲の知識は持ってない人も多いでしょう。そのようなケースではどのようにしたら良いのかが問題になります。実際のところこちらの建築設備定期検査に関しては、専門的な知識がある専門業者へと申込んで維持管理権限をお任せすることができます。このやり方なら、かりに自分自身では届け出ることが不可能でもトラブルなく検査を実施することができます。どの様な設備が対象となるのかについてですが、建築基準法の規定で、一定用途、規模が見られる建築設備が対象になるとなっています。具体的に言いますと換気設備そして、排煙設備、それから非常用の照明などが対象であるといえます。換気設備に関してはどういった家にもありそうですが、対象は一定の規模以上の建築設備であり対象にはなりません。建築設備定期検査については、原則的に事業者を対象として建築物の安全を確保させるためのシステムというものになります。

具体的な対象物と検査の主な内容

大型の建築物を所持、あるいは管理している人は建築設備定期検査を1年サイクルで行なって、それぞれの都道府県へと出必要があります。ひとつの例として、病院等はスケールが大きい建物の典型ですが、病院の所持者、または管理者に関しては必然的に建築設備定期検査を行わなくてはならないといえます。 事業者から考えると当たり前かもしれませんが、新たな形でスケールが大きい建築物を持つことになった方から考えると、こちらの建築設備定期検査とはどの様な検査なのか、どういうところを調べるのかなど、心配もあるでしょう。 建築物定期検査に関してはスケールの大きい建物が対象になる制度ですが、その対象建築物は絶対に備えないといけない設備があります。それは、換気設備それから、排煙設備そして、非常用の照明になります。逆に言えば、こうしたものを備えているため、検査対象となると言えます。実際的にどういったことをするのかといいますと、換気設備でしたら室内の必要換気量の基準を充たしているかそれから、排煙設備でしたら設備前で風速風量測定を実施して、適正なのか否かを評価します。非常用照明については点灯するかを見るのみならず、照度についても適正か否か検査されることになります。

人気記事ランキング