建築設備定期検査の特徴と管理者

建築設備定期検査の特徴と管理変更について説明します

建築設備定期検査の主な特徴と管理者変更の是非

検査により生活の安全を守っています

建築基準法に基づくもので、建築設備定期検査が存在しています。これに関してはアクシデントや災害等を前もって防ぐために建物に施されている建築設備の状況を検査し1年サイクルで報告することを指しています。そして、かりに建築設備定期検査を行わなかったケースには罰則が科せられますので、しっかりと検査を専門家によって行う必要があります。この検査を法律に従いながら全ての人が実行することによって、社会の安全を守っているともいえます。

建造物の状況や設備を見極めるために、1年サイクルで調査並びに検査の通知が届くことになっているわけですが、通知が届いたにも関わらず、検査を実施しないもしくは、虚偽報告をしたケースには建築基準法により、100万円以下の罰金を払なければいけません。仮に、通知をなおざりにし検査をしていない時に建物において管理不備に因る火災などが生じてしまった場合には、責任はその建物所有者や管理者に科せられることになります。そして、近年では、こうした場合、執行猶予がつかずに実刑判決を下されるケースも少なくありません。以上のように建築設備定期検査は、極めて重要であり、仮に怠った場合には重い罰則があるということを理解する必要があります。

マンションの管理会社の変更に関して

建築設備定期検査のメリットとデメリットを考えることは重要です。 たとえば、マンションは、多くの場合新築時から同一の管理会社が周期的に建築設備定期検査をします。管理組合や定期総会等では、よく管理会社を変えた方が望ましいのではという案がでることがあります。しかしながら様々な視点から見ると管理会社をチェンジすることのメリットやデメリットがあります。ひとつとして建築設備等のメリットやデメリットも考える必要があります。 具体的には、新築時より同一の管理会社により建築設備が保持管理されているので、管理会社をチェンジすることによって居住者がダメージを受ける可能性があります。マンションの建築設備定期検査が含まれた建築設備の管理費は高いケースがありますが、建築設備は周期的に検査することから、建築設備の特徴を知っている昔からの管理会社のほうがメリットがあるといえます。 仮に災害などで昇降機や防災設備等にダメージが現れた時に、新築時より点検を行っている管理会社のほうが重要な情報も多くもっており、素早く対処ができるといえます。建築設備定期検査に関しては日常だけではなく、トラブルがあった場合の対処能力も重要です。したがって新築時からの管理会社のほうが望ましいといえます。

人気記事ランキング