建築設備定期検査の費用と対象

建築設備定期検査の必要な費用と検査対象を説明します

建築設備定期検査を実施するコストと検査の対象

検査制度及び内容に関してのポイント

建築設備定期検査というのは、設備異常がもたらす災害から建造物の利用者の安全を保護するために取り組む検査になります。 こちらの検査は建築基準法によって定められています。一年1回一定サイクルで実施しなければならない検査になります。検査を周期的に実践することにより設備異常を早いうちに見抜くことができその結果維持管理に関するコストのカットにも結びつきます。 建築設備定期検査においては給排水設備、換気設備さらに非常照明設備、排煙設備の4項目の検査を実施することが求められます。 こちらの検査は原則として4つの検査項目の中で、その建造物に備え付けられている設備だけ検査を実行すれば問題ありません。それに加えて特定行政庁によりましては給排水設備が免除であるところや建築設備定期検査を実施する必要がないところも存在します。

検査を実行する際の必要となる費用

建築設備定期検査の必要となる費用につきましては検査会社によって非常に大きく開きがあります。建築設備定期検査に関する業務は、建設会社それから、設計会社や管理会社などが実行するケースが多く見られます。 コストについては、ひとつの例として家屋の売買に関する取扱い手数料が物件価格の3パーセントと6万円に決められているものもありますが、建築設備定期検査の必要となる費用に関しては検査会社により自由自在に決められるため見積金額がかなり違うケースがありますので注意が必要といえます。

検査が必要とされる対象に関して

検査対象に関しては、数多くの人が活用するホテルや学校といった建物や延べ床面積100㎡以上のまとまった規模の建造物になります。検査対象につきましては、建物の用途それから、建物の大きさまた、特定行政庁ごとの必要な条件により各々分けられています。 ひとつの例として、東京のケースでは劇場やホテル、百貨店、さらに病院や学校そして、飲食店、マンションや事務所等、ありとあらゆる用途の建物において検査対象になると言えます。しかしながら、スケールによって対象外になることもあり得ます。それに加えて、たとえば横浜市において共同住宅については対象外になるなど特定行政庁単位の必要な条件により対象になったり、ならないが変化します。 検査対象に関する必要な条件は特定行政庁により用途や規模、階数など多岐に必要な条件が細部にわたり各々分けられています。詳しくは各特定行政庁の検査対象一覧でもチェック出来ますが自分自身で対象の判断がつかないケースでは特定行政庁の受け付け窓口でも確かめてくれます。

人気記事ランキング